第9回定例会


2018/07/21 (土) 10:00
奈良サテライトオフィス35 会議室1
    〒636-0822 奈良県生駒郡三郷町立野南2丁目10番17号 自転車等駐車場3階

レポート

    Code for Sango の定例会を開催しました!

    今回は初参加の方のみだったので今までの議論のおさらいを行いました。

    1. 観光への取り組み
      三郷町には極めてメジャーではないものの観光のコンテンツはあります。
      信貴山の門前町や信貴山のどか村はコンスタントにヒトが訪れますし関西圏では意外と知られています。

      ただ、信貴山周辺へ向かう主な手段は車です。
      信貴山下駅から徒歩で向かうルートもあるにはありますが前半は住宅地中心の道路をひたすら直進します。
      その後に知る人ぞ知るケーブルカー跡の山道(階段)を進むと信貴山のバス停までたどり着けます。
      山道は良い雰囲気を醸し出していますが初めて来られた観光客が立ち入るには少し敷居が高く感じられます。
      今後、観光を強化するには信貴山へ向かう経路のバリエーションを増やしたいところです。

      また、信貴山だけでは三郷町内のほんの一部、点でしかありません。
      信貴山以外のコンテンツを開発し、信貴山を絡めた新たなルートを設け三郷町を面的に楽しんでもらいたいと考えます。

      現在、三郷町では「龍田古道プロジェクト」が展開されています。
      飛鳥時代から奈良時代の頃に整備された日本最古の官道(国道のようなもの?)で聖徳太子とも縁がありそうな道です。
      日本書紀にも関連と思われる記述があり、万葉集でも多く歌われています。
      単に古い道がなんとなく残っているわけでなく、今も現役の「道」として利用されている息の長い道です。
      古道としての雰囲気を残すエリアと今も道として利用されているエリアをどのようにアピールするのかは今後の課題です。

      まずは、古道部分の認知をどう広めていくのかを検討しているところです。
      最終的には龍田古道と信貴山周辺のコンテンツを連動できれば面白いのではないかと考えています。
      ただ、2地点間をつなぐ観光に適した道は今のところ存在していません。
      そのため、当分の間は龍田古道にフォーカスし、ICTを活用した観光施策を練ることになりそうです。

      ICT活用の観点から情報を蓄積する場として「Open Data Sango」を構築しています。
      当面はどのようなデータ(コンテンツ)を用意していけば良いかを検討し、データを整備していくことになります。
       
    2. アーバンデータチャレンジへの参画
      昨年に引き続き今年もアーバンデータチャレンジに参戦します!

      7月28日の奈良ブロックキックオフイベントを皮切りに奈良県内のCode for が各々に活動します。
      Code for Sango としても龍田古道に絡む観光ネタでアイディアをひねり出していきます。

      次回の定例会ではキックオフイベントの報告と今後の取組について話し合いたいと思います。
       

    今回は以上です!


イベント説明

    Code for Sango の定例会を開催します!

    [日時] 2018年7月21日(土) 10:00−12:00
    [場所] 奈良サテライトオフィス35 会議室1

    観光課題へ取り組むにあたって、用意しておいたら嬉しい情報を考えたいと思います。
    三郷町に来られた方だけでなく、住まわれている方にとっての「こんな情報あったら助かるなぁ」もアイディア募集中です♪
    ご興味のある方はお気軽にお越しくださいませ。

    - お品書き -

    • 6月のおさらい
    • 「三郷オープンデータポータルサイト」お披露目
    • あったら嬉しい情報って何だろう?
    • そのほか思いつくままに検討